ローカルSEOのおさらい | 奈良でホームページ制作ならインヴォルブ

お問い合わせ
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ

ウェブサイト制作、ウェブマーケティングなどウェブに関するブログです。

ローカルSEOのおさらい

会社案内

外部パートナーをお探しのお客様やお仕事の依頼先を探しているお客様はこちらをご覧いただければ幸いです。

Greeting代表者挨拶

単なる制作会社ではない、
WEB戦略を助けるパートナーでありたい。

「サイトは作りましたが、そのまま放置しています」
お客様からご相談を頂くなかで、この言葉を聞くたびに”もったいない”と感じます。

「ホームページは会社の看板です!24時間365日フル活動する営業マンがホームページです!」
その足で客先に赴き、営業トークでそんな文句を謳う営業マンに矛盾を感じてしまいます。

ホームページには実際にそれだけの力がある事を私は知っています。
会社の看板、フル活動の営業マンとしてお客様のビジネスを発展させる力を、
ホームページは必ず持っているのです。

だからこそサイトを訪れる方々の心を動かすこともできず
ただ機会損失を続ける「作ったまま」のホームページを”もったいない”と感じてしまいます。

新たにご相談を頂くお客様に向けて、私からよく尋ねる質問があります。

「ウェブサイトからの成果はありますか?」
「ウェブを使って集客はできていますか?」

お客様から「わからない」という答えが返ってくることは少なくありません。

「なんとなくあった方がいいから」と作ったホームページでは「わからない」ことも当然ですが、
わからなければ興味を持つこともできません。

成果や集客も計測すれば簡単に知れることも、
それらを知ることがビジネスの躍進につなげられることも
興味を持てなければ結局わからないままなのです。

私たちの理想とする仕事は、そんな「わからない」お客様に寄り添い、
ウェブによってお客様のビジネスを加速させることです。

そのためには「作ったらそれで終わり」の制作だけでは到底追いつきません。

私たちは「お客様のビジネスの発展をお手伝いし共に成長したい」と考え
制作に留まらない広い視点からお客様に相応しいWEB戦略をご提案いたします。

INVOLVE(インヴォルブ) 代表
吉村浩嗣

Vision経営理念と目標

巻き込む、巻き込まれる

「巻き込む、巻き込まれる」というと少々言葉が強引な印象を持ってしまうかもしれません。
世の中のほとんどの仕事は人と関わり、何かを成し遂げることであると考えます。

人が中心となり仕事をする、人が中心となり考え方や気持ちを共有してゆく、人が中心となり成功を目指す、つまりは人と人との関わり合いが仕事をつくる、社会をつくると考えております。
人と人との関わり合いを大切にすることは、相手と真剣に向き合うこと。相手の考えに巻き込まれる、相手を巻き込んで目標に向かって歩む。

involveは日本語に訳すと「巻き込む」です。

プロジェクトを開始する際には様々な人が関わっています。お客様のしたいことを実現させるに私たちからウェブを通して何ができるか。

ウェブ業界はかなり細かく職種が分かれています。Webデザイナーやプログラマーといった職種を聞いたことはあるとおもいますが、職種によって習得スキルや経験値、業務内容も様々です。
こんにちわ、インヴォルブ代表の吉村です。さて、世間はゴールデンウィークのまっただ中、外にお出かけして旅行や観光などレジャーを楽しまれている方も多いことでしょう。そして元号も本日より令和になりました、おめでとうございます。令和もよろしくお願いいたします。

検索結果に表示するGoogleマップ

そんな外出先でもやはり役に立ってくるのがGoogleの検索機能ですが、お出かけの際の調べ物では通常のGoogle検索の他にGoogleマップを活用されているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在位置から「喫茶店」を調べてみる

たとえばGoogleマップで複合検索ワードを何も指定せずに単に「喫茶店」とだけ入力して検索すると、GPSで検知した現在の自分の位置情報から近いところにある喫茶店の情報を表示してくれます。上半分には自分の現在地を中心地した地図が表示され、検索結果に上がってきた店舗の位置情報も地図上にマッピングされて表示されます。

橿原市内で検索したキーワード橿原喫茶店

現在位置から「橿原市 喫茶店」を調べてみる

また、「橿原市 喫茶店」と入力して検索してみると、橿原市の地図が表示され、同様に検索結果に上がってきた店舗がマッピング表示されます。

橿原市内で検索したキーワード喫茶店

この箇所は一体なにができるのだろう

この箇所はローカル検索結果と呼ばれ、テキスト情報だけではなく地図というビジュアルで視覚的な情報としてユーザーに訴えかけてくるため非常に目を引きやすいほか、電話発信や経路検索などユーザーの来店につながりやすい導線がダイレクトに提示されています。

現在地から橿原ホームページ制作の検索結果とその説明

また、Googleアカウントを持っているユーザーであればマップ上に表示される店舗情報にレビューや写真を追加する機能もあるため店舗によっては口コミによりさらなる来客を見込むこともできるため、SEO同様にウェブ集客を最適化するうえではなんとかして抑えておきたい流入元と言えるでしょう。

自分のビジネスも最適化した状態で掲載したい

ではGoogleマップ経由での集客を大切にしたいと思った場合、どのようなキーワードで自分の店舗情報がローカル検索結果に表示されれば集客につなげることができそうか考えていきましょう。

例えば、奈良県橿原市でホームページ制作を行なっているインヴォルブというホームページ制作会社があったとしましょう。

まず、地名+キーワードで何かを検索しようとする場合、その人の住んでいる場所によって検索に使う地名の広さが変わってくるだろうことを自分が検索する場合を思い出しながらイメージしてみてください。探したい場所が県内の場合は市名で、県外の場合は県名で検索される事が多いのではないでしょうか?

弊社であれば県外のお客様に場所を聞かれると奈良県と答えますし、県内のお客様に場所を聞かれると橿原市と答えます。県外の方でもある程度地図が頭に入っていて伝わりそうな場合であれば奈良県橿原市と答えるかもしれません。

このようにお客様の地理情報にばらつきがあった場合であってもどちらにも対応できるように記載しておくのが良さそうです。

そして次は業種ですが、ここも検索する人それぞれによりバラツキがあるので弊社の場合ですとホームページ制作、ウェブ制作、ウェブサイト制作など類似したワードの業種は抑えておくのが適当でしょうか。

つまり、これらを掛け合わせた時に上位に表示させる事が出来れば認知度や閲覧数があがり来店者数増にもつながるのではないかと考えることができます。

弊社の場合ですと不特定多数の個人のお客様が来店されるような業種ではないのでそこまでこだわらなくても良いのですが、実店舗を構えて個人の消費者をお客様とする事業でウェブマーケティングを行う場合にはこれらを意識する必要が出てきますね。これを「ローカルSEO」または「MEO(マップエンジン最適化)」と呼びます。表記の揺れにはこだわる業界のはずなのにどうして呼び方がまちまちなのはわかりません。

インターネット上の住所

ちなみに「ローカルSEO」または「MEO」を考えるうえで基本的ながらも重要なポイントの一つになるのですが、住所の表記は正規表現で統一されてますでしょうか?

インヴォルブの住所は奈良県橿原市葛本町145-8で統一されています。145-8は半角です。これはGoogleマップだけでなく全てのインターネット上での住所について統一しています。特に地方では「字」や「大字」、「郡」などが変わってしまうことも少なくありません。ウェブ上のページごとに住所表記がバラバラになっていると、お客様が検索した時にどれが正解かわからなくなってしまいますし、管理の面から見ても常に最新の表記で統一されているかどうかには気を配るようにしましょう。それ以外にも統一した方がいい項目がたくさんあるのが地図情報の最適化。表記を揺らさないためにウェブ上の情報編集を定期的に行いましょう。

どこに行っても競合店舗が密集している首都圏ではこの対策はかなり流行っているようですが、大阪や奈良であっても同じ商圏に競合店舗がひしめき合う事情は変わりません。もし「ローカルSEO」「MEO」に少しでも興味をお持ちになられた方がいらっしゃいましたら、ぜひインヴォルブまでご相談くださいませ。ローカルSEOの発展と普及をローカル検索登場からずっと見てきた私たちの経験がお客様のお役に立てればと心待ちにしております。
細分化された職種の方々と「プロジェクト成功」に向けて共に切磋琢磨する、「プロジェクトに巻き込む」「プロジェクトに巻き込まれる」という一体感、全員で一つに向かって成功を勝ち取る楽しみを忘れられずに社名にしました。お客様のプロジェクトに私たちを巻き込んで下さい。私たちは全力で楽しみます。

三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」

売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならない。

お客様の望むものを制作することはもちろんですが、それだけで本当にいいのでしょうか。自身、お客様の望む通りにサイト制作などを行ってきたことがありました。それでは本当にいいものを作成することができないことを一番知っているのは自身です。ビジネスの現場でよく使われるWin-Winという言葉がありますが、私は三方よしという言葉を信じております。

Company Profile会社概要

単なる制作会社ではなく、
Web戦略を担うパートナーでありたい。

屋号 INVOLVE(インヴォルブ)
創業 平成28年1月1日
事業内容 ウェブサイトの企画・デザイン・構築・プログラミング
ウェブサイトの運営・コンサルティング・広告出稿
代表者 吉村 浩嗣
所在地 奈良県橿原市葛本町145-8(クリックでGoogleマップで表示します。)
電話 080-9367-3484
メール info@involve-in.jp
ウェブサイト https://www.involve-in.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加