ローカルSEOのおさらい | 奈良|Web制作会社・ホームページ制作会社のインヴォルブ

お問い合わせ
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ

ウェブサイト制作、ウェブマーケティングなどウェブに関するブログです。

ローカルSEOのおさらい

こんにちわ、インヴォルブ代表の吉村です。さて、世間はゴールデンウィークのまっただ中、外にお出かけして旅行や観光などレジャーを楽しまれている方も多いことでしょう。そして元号も本日より令和になりました、おめでとうございます。令和もよろしくお願いいたします。

検索結果に表示するGoogleマップ

そんな外出先でもやはり役に立ってくるのがGoogleの検索機能ですが、お出かけの際の調べ物では通常のGoogle検索の他にGoogleマップを活用されているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在位置から「喫茶店」を調べてみる

たとえばGoogleマップで複合検索ワードを何も指定せずに単に「喫茶店」とだけ入力して検索すると、GPSで検知した現在の自分の位置情報から近いところにある喫茶店の情報を表示してくれます。上半分には自分の現在地を中心地した地図が表示され、検索結果に上がってきた店舗の位置情報も地図上にマッピングされて表示されます。

橿原市内で検索したキーワード橿原喫茶店

現在位置から「橿原市 喫茶店」を調べてみる

また、「橿原市 喫茶店」と入力して検索してみると、橿原市の地図が表示され、同様に検索結果に上がってきた店舗がマッピング表示されます。

橿原市内で検索したキーワード喫茶店

この箇所は一体なにができるのだろう

この箇所はローカル検索結果と呼ばれ、テキスト情報だけではなく地図というビジュアルで視覚的な情報としてユーザーに訴えかけてくるため非常に目を引きやすいほか、電話発信や経路検索などユーザーの来店につながりやすい導線がダイレクトに提示されています。

現在地から橿原ホームページ制作の検索結果とその説明

また、Googleアカウントを持っているユーザーであればマップ上に表示される店舗情報にレビューや写真を追加する機能もあるため店舗によっては口コミによりさらなる来客を見込むこともできるため、SEO同様にウェブ集客を最適化するうえではなんとかして抑えておきたい流入元と言えるでしょう。

自分のビジネスも最適化した状態で掲載したい

ではGoogleマップ経由での集客を大切にしたいと思った場合、どのようなキーワードで自分の店舗情報がローカル検索結果に表示されれば集客につなげることができそうか考えていきましょう。

例えば、奈良県橿原市でホームページ制作を行なっているインヴォルブというホームページ制作会社があったとしましょう。

まず、地名+キーワードで何かを検索しようとする場合、その人の住んでいる場所によって検索に使う地名の広さが変わってくるだろうことを自分が検索する場合を思い出しながらイメージしてみてください。探したい場所が県内の場合は市名で、県外の場合は県名で検索される事が多いのではないでしょうか?

弊社であれば県外のお客様に場所を聞かれると奈良県と答えますし、県内のお客様に場所を聞かれると橿原市と答えます。県外の方でもある程度地図が頭に入っていて伝わりそうな場合であれば奈良県橿原市と答えるかもしれません。

このようにお客様の地理情報にばらつきがあった場合であってもどちらにも対応できるように記載しておくのが良さそうです。

そして次は業種ですが、ここも検索する人それぞれによりバラツキがあるので弊社の場合ですとホームページ制作、ウェブ制作、ウェブサイト制作など類似したワードの業種は抑えておくのが適当でしょうか。

つまり、これらを掛け合わせた時に上位に表示させる事が出来れば認知度や閲覧数があがり来店者数増にもつながるのではないかと考えることができます。

弊社の場合ですと不特定多数の個人のお客様が来店されるような業種ではないのでそこまでこだわらなくても良いのですが、実店舗を構えて個人の消費者をお客様とする事業でウェブマーケティングを行う場合にはこれらを意識する必要が出てきますね。これを「ローカルSEO」または「MEO(マップエンジン最適化)」と呼びます。表記の揺れにはこだわる業界のはずなのにどうして呼び方がまちまちなのはわかりません。

インターネット上の住所

ちなみに「ローカルSEO」または「MEO」を考えるうえで基本的ながらも重要なポイントの一つになるのですが、住所の表記は正規表現で統一されてますでしょうか?

インヴォルブの住所は奈良県橿原市葛本町145-8で統一されています。145-8は半角です。これはGoogleマップだけでなく全てのインターネット上での住所について統一しています。特に地方では「字」や「大字」、「郡」などが変わってしまうことも少なくありません。ウェブ上のページごとに住所表記がバラバラになっていると、お客様が検索した時にどれが正解かわからなくなってしまいますし、管理の面から見ても常に最新の表記で統一されているかどうかには気を配るようにしましょう。それ以外にも統一した方がいい項目がたくさんあるのが地図情報の最適化。表記を揺らさないためにウェブ上の情報編集を定期的に行いましょう。

どこに行っても競合店舗が密集している首都圏ではこの対策はかなり流行っているようですが、大阪や奈良であっても同じ商圏に競合店舗がひしめき合う事情は変わりません。もし「ローカルSEO」「MEO」に少しでも興味をお持ちになられた方がいらっしゃいましたら、ぜひインヴォルブまでご相談くださいませ。ローカルSEOの発展と普及をローカル検索登場からずっと見てきた私たちの経験がお客様のお役に立てればと心待ちにしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加