Web解析 | 奈良や大阪のホームページ制作会社|INVOLVE(インヴォルブ)

お問い合わせ
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ

ウェブサイト制作、ウェブマーケティングなどウェブに関するブログです。

Web解析

Web解析はホームページ運用での必須スキル

Web解析と聞いても「うちのホームページとは関係なさそうだな」とイメージしてしまいがちです。Web解析は関係なさそうだけど実は一番ホームページ運用にとって大切で、集客から成果をあげるまでの効果改善をするための重要なものです。

制作して終わり、それだけで満足しますか?

ホームページは制作するだけで思った効果が出るとは限りません。ホームページを作ったのに思うようにお客様の来店に繋がらなかったり、ただ単にホームページを持っているだけになっていませんか?

ホームページはビジネスにつながる広告としては比較的はじめやすく初めての広告として選ばれることも多いです。そう思って制作したホームページが実は、作ったままになっていて効果が全く感じられないようなものになっていることが非常に多いのを皆様はご存知ですか?

作って終わりではなく作ってからがスタート

なぜホームページ制作を行っただけでは思ったような効果がでないことがあるのでしょうか。それはホームページを見ていただくユーザー様が、どのようにホームページにたどり着きどのようなページの読み進め方をさせるかを推測することはできても、実際にそのような動きをしているかどうかは日々観察しなければわからないからです。

ホームページは日々の効果測定が重要なのです、少しむずかしい言い方をしますがホームページ制作前からしっかりとした戦略立案を行い、それがちゃんと計画通り進んでいるかを測定することが必要です。

Web解析は必要なの?

自社のサイトを解析する必要がありそうな気がしてきたお客様はどんなデータが取れるか気になってきたと思います。

リアルな店舗運営でも行う顧客分析をサイトでも

近所の大型ショッピングモールに行くと、自動ドア付近に人が立っていて、人が入るたび手にもつカウンターで入った人数をカチカチ数えているような光景を見たことはありませんか?場合によってはショッピングモール内の店舗ごとにカチカチ人の流れを数えているお店もあったり。

それはお客様が何名ショッピングモール内に来られたか、その内何名がお店に来られたかといったような計測を行うために数を数えています。もっと調べる方は何曜日にどんなお客様が来て、何を買われるかなどといったことを計測されている方も多いでしょう。

ホームページの解析が運用の明暗をわける

もしホームページを大型ショッピングモールだとしたらホームページ上でアクセスしていただくユーザーが何人いるかを自動的に簡単に計測可能です。そしてサイトの1ページを店舗だとしたら、そこに訪れたユーザーがどのくらいの時間そのページに滞在しており、どのくらいのユーザーが違うページを閲覧しに行ったかを計測することも可能です。そのくらいの情報量を自動的にそして簡単に計測することができます。その自動的にそして簡単に計測するためのツールはGoogle Analyticsといいます。計測は自動的にやってくれますが、計測したデータを元に何かを行おうとするとある程度の専門知識をお持ちでなければその先の行動になかなかつながりません。計測したデータによって改善すべき点がたくさんあるはずなのに、何もしないのは宝の持ち腐れではありませんか?

Web解析を元にご提案できることはたくさん

あなたのホームページのデータを宝の持ち腐れにしないためにはどうすればいいでしょうか。ホームページ運用を行う上でデータをしっかりと解析できているかいないかではその先の運用を行っていく上でかなりの差が生まれます。問題点を改善し顧客のニーズをしっかりと把握したサイトとそうでないサイトでは売り上げに差がでるのも当然です。

解析結果をもとに仮説を立てる

ホームページに来訪していただいたユーザーの行動データなどを解析し問題点などを見つけます。Web解析から得られる情報はかなり細かいところまでデータを取得できますが、それを元にここを直せばいい結果が出るとコンサルティングすることまでを行うのはWebマーケティング手法についての知識がある程度ないと難しいかもしれません。

仮説を元に施策し検証する

仮説から出た問題点にいい効果を与えるであろうWebマーケティング施策を行います。例えば検索エンジン最適化を行う、検索エンジンマーケティングを行う、ホームページをリニューアルする、ソーシャルとの連携を強化するなど。他にも様々な改善施策が生まれるでしょうが、それはデータを元に導き出すものであります。施策の効果を検証し、それに合わせまた新たな仮説をたてそれを実装し効果検証していくこと。それを繰り返すことでホームページはより良くなっていきます。

制作だけじゃなくWebマーケティングも

作って終わりではありません、作ってからがスタートです。作ってからの運用に目指すものがあるのとないのとでは運用していくのに大きな差がでます。競合他社はやっていないWeb解析で大きく引き離しませんか?もしあなたがデータ解析が苦手でしたら私どもで改善施策をご提案することもできますので是非ご相談くださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加